みんしゃんの子育てBLOG

アラサーワーママの育児日記。タオル大好き長男サクちゃんとお風呂大好き次男モモくんとの生活を綴ります。

子どもと一緒に楽しもう!〜2018年クリスマスリース作り

おはようございます、みんしゃんです。

あまりにも今更なんですが、「マツコの知らない世界」って面白いですよね。

私はテレビ番組は録画して見る派なのですが、最近、「マツコの知らない世界」も時折録画して見るようになりました。

少々前になりますが番組で「折り紙の世界」が取り上げられていました。

https://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/archive/20181120.html

 

折り紙の世界

折り紙って極めると本当にすごいですよね。頭使うし、手先が器用じゃなきゃできなそうだし、完成品はもう芸術だし。

とは言え、幼少期に折り紙を折った記憶は多くの人が持っていると思います。それくらい折り紙は日本で広く親しまれていますよね。私も、小さな頃に鶴ややっこさんなどを折った記憶があります。

 

長男2歳になり、手先も多少器用になってきて、雨の休日には折り紙を出してあげて遊んだりするようになりました。

でも、折り紙が得意でない両親は、すぐにネットで折り方を調べることになります。

 

ネットには折り紙の素敵な作品がたくさんあって、中でも私は折り紙で作ったリースの美しさに惹かれました。

 

折り紙で作るリース

こちらのまとめサイトにはいろいろなリースが紹介されています。

【折り紙】リースの作り方&アレンジ例

https://matome.naver.jp/odai/2139034850344332201

折り紙の色の組み合わせ方や質感、小道具の使い方や写真の撮り方などあるかとは思いますが、とっても素敵なものばかり! 

簡単なものからはじめて、毎年子ども達と一緒にちょっとずつ難易度の高い作品に挑戦していきたいなぁ…と勝手に思っています。

そして、ゆくゆくはこちらで紹介されている「折り紙105枚で作るクリスマスリース」に挑戦したいです!

https://cbox.jp/archives/821

 

2018年のクリスマスリース

さて、折り紙リースに挑戦することを決意して最初に作るリースは最も簡単なクリスマスリース

参考にしたのは難易度最低レベル「パターン ユニット」

私が8割がた折りつつ、2歳の長男に「ここ、端までピーって伸ばして」などと都度言いながら指で平らにしてもらって一緒に作りました。

そして、パターンユニットができあがってからは、保育園の遊びの時間にシール貼りをして慣れている長男に、DAISOで買った星型シールを渡して飾り付けをしてもらいました。

 

出来上がったクリスマスリースがこちら。 

f:id:mingchamp:20181210002231p:plain

子どもと折り紙で作ったクリスマスリース

星型シールはゴールドとシルバーの2色がシール台紙上でごちゃごちゃになっていたのですが、長男はゴールドならゴールドだけ、シルバーならシルバーだけをわざわざ集めて折り紙のリースに貼り付けていました。きっと彼なりのこだわりなんでしょう。

紙のような素材のシールだったので、最初長男はシールを台紙から取るのに少し苦労してところどころ破れてしまったものもありました。でも、慣れてくると台紙をカーブさせてシールを取れるようになり、とても集中して頑張っていました。

 

おまけ

折り紙とシール貼りが楽しかったようで長男から何度もアンコールをいただいたので、また長男と一緒にいろいろな色でパターンユニットを作り、星型シールのトッピングをしてカラフルドーナツも作りました。

f:id:mingchamp:20181210002409p:plain

いろんな色の折り紙で作ったクリスマススペシャルスイーツ


クリスマス折り紙工作、楽しんでもらえたみたいでよかったです♪