みんしゃんの子育てBLOG

アラサーワーママの育児日記。タオル大好き長男サクちゃんとお風呂大好き次男モモくんとの生活を綴ります。

【今週のお題〜2018年に買ってよかったもの】働くママの三種の神器で家事を時短!

今週のお題「2018年に買ってよかったもの」

 

ずばり、乾燥機能付き洗濯機食器洗い乾燥機です!

 

2018年春に第二子誕生に伴い、それまで住んでいた1LDKの住居が手狭になるため、GWに近所の2LDKの賃貸マンションに引っ越しました。

そして、引越しを機に、ついに乾燥機能付き洗濯機と食器洗い乾燥機という高額家電を購入しました!(以前の住居が洗濯設備付き物件だったためずっとドラム式洗濯機欲しかったけど買えなかったのです。。)

 

働くママの三種の神器

働くママのための時短家電・三種の神器は、

  1. 乾燥機能付き洗濯機
  2. 食器洗い乾燥機
  3. 掃除用ロボット(ルンバなど)

https://matome.naver.jp/odai/2138312851305013601

を指すようなので、以前から持っている掃除用ロボット・ルンバを含めれば、これにて時短家電・三種の神器をコンプリート!!

 

乾燥機付き洗濯機 使ってみると・・・

長男の通う保育園では毎日最低1回お着替えしてお食事用のエプロンも毎日3枚使用、食べこぼしやおもらし&おねしょ、泥まみれになるなどのイレギュラーアクシデントがあればさらにお着替え、夏はプールにも入れてもらえるので水着にバスタオルも追加、週末になればさらにお昼寝用のシーツとブランケットも持って帰ってくるため、保育園児(乳児)のいる家庭の洗濯量は相当なものです。

しかもわが家には今年次男が生まれたので、吐き戻したり、おしっこが横漏れしたり、たまにうんちまで漏れたり、うつぶせになれるようになったら服の袖がよだれでびしょびしょになったり、最近ではお食事エプロンをしているのに洋服まで離乳食を食べ散らかしたり…、洗濯物の量は文字通り山のような状態です。

 

乾燥機付き洗濯機を買う前、すなわち次男誕生以前は、雨の日は浴室乾燥機を使って洗濯物を干していました。でも、浴室のスペースには限りがあるし、干す場所によって乾き具合にムラがあって、間引きのように先に乾いたものを部分的に取り込んでからバスタオルなどの乾きづらいものを再度乾燥させたりと、なかなかにストレスが溜まる作業でした。そんな状態のところに新生児1名が加われば、従来の1日1回の洗濯サイクルが簡単に立ち行かなくなることは火を見るよりも明らかです。

 

引越しのタイミングで当時一番容量の大きい洗濯・脱水容量11kg、乾燥容量6kgのドラム式乾燥機付き洗濯機を購入したところ、わが家の選択にまつわる悩みは一気に解決しました。

 

週末、長男が保育園から大量の汚れ物を持ち帰っても、次男が服を何度も着替えていても、一度に全部洗えます

平日であれば11kgに達するようなことはほぼないので、雨が降っていても乾燥機付き洗濯機に洗濯〜乾燥まで一気にお願いしてそれっきり。

週末のバスタオル2枚、シーツ1枚、ブランケット1枚という大物を含む大量の洗濯物の場合はゆうに6kgを超過するので、第一段階ですべての洗濯物に対して通常の洗濯・脱水を行い、第2段階は乾きづらい大物や分厚いタオル類を洗濯機で乾燥し、細々としてわりかし乾きやすいもののみ浴室乾燥機を使って乾燥させるという二刀流で対処しています。

 

乾燥機付き洗濯機で乾燥したタオルはヒートポンプ乾燥でふんわり気持ちいい仕上がりで、雨の日のストレスはもはやゼロと言っても過言ではないほどです!

 

 

パナソニック 11.0kg ドラム式洗濯乾燥機【左開き】クリスタルホワイトPanasonic エコナビ 即効泡洗浄 温水泡洗浄 NA-VX8700L-W

 

食器洗い乾燥機 使ってみると・・・

食器洗いって家事の中ではそれほど 嫌いではないのですが、家族が増えると食器も増えて、2〜3時間おきの授乳が必要な赤ちゃんがいるとなかなか自分の好きなタイミングで食器を洗うことができません。すると、あっという間にシンクが食器や調理器具でいっぱいになってしまいます。そうなるといざ食器を洗おうという時には洗剤で洗った食器を一時的に置くスペースを確保するのにも一苦労、また、洗剤の泡を流したあとに食器を置くスペースにも困ってしまいます。

 

ところが、食器洗い乾燥機があれば溜まってしまった汚れた食器や調理器具を入るだけ全部詰め込んで、洗剤を入れてスイッチを押すだけで勝手に洗ってくれるんです。

食器洗い乾燥機を購入してからは、食器洗い乾燥機に入りきらなかった大きな鍋やフライパンなどの調理器具や、平日私が一人で食事をした際の少量の洗い物を手洗いするだけで、あとは全部食器洗い乾燥機まかせ

家族全員が家にいる休日は朝・昼・晩ごはんの3回食器洗い乾燥機をフル稼働です。

しかも、食器洗い乾燥機は手洗いよりも節水・節約できて、カピカピ汚れには弱いものの油汚れが大得意

ちなみに、以前スポンジで手洗いしていた時にはマグカップに残ってしまっていた茶渋は、食器洗い乾燥機では高温で洗浄してくれるためか一切残らずマグカップはいつもピカピカ。来客前に慌てて汚れ落としスポンジでゴシゴシする必要も無くなりました。

 

もう、食器洗い乾燥機のない生活には戻れません

パナソニック 食器洗い乾燥機 (ホワイト) (NPTH1W) ホワイト NP-TH1-W

 

まとめ 

「三種の神器」とは、そろえていれば理想的であるとされる3種の品物のことを言い、元々は歴代の天皇が皇位継承の標として受け継いだという八咫の鏡(やたのかがみ)、草薙剣(くさなぎのつるぎ)、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)という3つの宝物の総称だったそうです。

それが、第二次世界大戦後の日本の新しい時代の生活必需品として白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫を、そして1960年代高度成長期を迎えた日本ではカラーテレビ、クーラー自動車(それぞれのアルファベットの頭文字Cをとって「3C」とも呼ばれていました。)が新・三種の神器として呼ばれるようになりました。

そして「一億総活躍社会」などと謳われる現在、女性は出産しても子育てをしながら

職場復帰して仕事を続けるということが特別なことではなくなりつつあります。

仕事もして子育てもして家事もして・・・働くママはいくら時間があっても足りません。(専業主婦のママも外で仕事をしていないだけで、家庭内の仕事をしているのですから時間が足りないのはきっと同じですよね。)1日が24時間ということは変えられないのですから、足りない時間はどうにかやりくりして捻出しなければなりません。

そんな時、やりたくないけどやらなければならない家事に費やす時間を短縮できたらそれは素晴らしいことですよね。

時代とともに進化した家電にまかせられる家事はまかせて、自分のため・家族のための時間を増やし、「女性が輝く社会、お年寄りも若者も、障害や難病のある方も、誰もが生きがいを感じられる『一億総活躍社会』」が実現するといいですね。

ま、女性だけが頑張ったところでそんな社会は実現するはずもないと思いますが、せっかくなので使えるものは使っていこうという話です。